CITIZN “東鉄” Homer <2002-2877>

■旧国鉄時代に職員に支給されていたCITIZEN製の通称「国鉄ホーマー」です。鉄道時計として使われていただけに、市販モデルのホーマーよりも石数を多く使用し、針は夜光仕様、さらには秒針停止機能を備えています。裏には「昭43」と「東鉄」の刻印があり、昭和43年に東京鉄道局で支給されたことが分かります。東京鉄道局は1920年5月15日の鉄道省発足に伴い改称した鉄道局の一つで、昭和43年には東京北鉄道管理局・東京南鉄道管理局・東京西鉄道管理局の3局に分離してるため、腕時計か支給され始めてからそれまでの数年間しかこの刻印はありません。年代を感じさせる少し焼けた文字盤の色に合わせてベルトはHIRSCH社製Ascotのブラウンを組み合わせました。


  • Movement:Cal.0911 (Hand winding , frequency=18000A/h )
  • Ser/Ref:腕273 / 昭43
  • Size:36mm
  • Strap:18mm  ブラウン・カーフ(HIRSCH/Ascot)
  • Age:1968年
  • Condition:〇・・・風防交換。
  • Price:40,000 円(税別)

ビンテージウオッチは全てメンテナンス済み、6ヶ月の作動保証付です。精度はテスター値で±30秒/日以内に調整しています。
※使用状況等により多少の誤差が生じることがあります。