Brand History

それぞれのブランドの歴史や代表的なモデルなどを紹介しています。時計選びの参考にどうぞ。

( SEIKO / CITIZEN / ORIENT / RADO / ZODIAC / TECHNOS / GRUEN / WALTHAM / TIMEX / ELGIN / BULOVA / WITTNAUER)

SEIKO

■1881年に服部時計店としてその幕を開けます。1913年には国産初の”腕時計”を完成させ、その他にも自動巻時計、150mダイバーウォッチなど数々の”国産初”を世に送り出してきたセイコー。その後、”世界初”のクオーツ時計を開発したのはあまりにも有名な話です。1967年にスイスの天文台が主催するコンクールでセイコーが上位を独占し、その技術力が世界に認められました。独自のマジックレバー方式の自動巻上げ機構は現在でも普及機から高級モデルまで採用されており、その当時の高い技術力を象徴する一つではないでしょうか。実用時計の最高峰を目指し進化し続ける『グランドセイコー』が誕生したのが1960年。翌年にはそれに次ぐ高級ライン『キングセイコー』が発売、そして一世を風靡した『スポーツマッチクファイブ』が発売されるなど、60年代~70年代にかけて様々な機械式時計が誕生しました。

CITIZEN

■「世界の市民(シチズン)から愛される時計に」と名づけられたシチズンの社名。その名の通り多くの人々が手にしやすい価格で、様々なモデルが発売されていました。ただし品質に全く妥協は無く、1960年代に発売した『シチズンホーマー』は、その視認性の良さと性能の高さから鉄道時計として採用されました。その他のモデルでも、耐震性能を証明するために地上30mのヘリコプターから落下させたり、防水性の実証のために特殊なブイに時計を取り付けて太平洋を漂流させたりと、ユニークなプロモーションで性能の高さを証明しています。1960年代当時、デイ・デイト付時計としては世界最薄だった『クリスタルセブン』は現在でも、コレクターの間で人気の高いモデルです。

ORIENT

■オリエント時計の歴史は、1901年(明治34年)に吉田庄五郎が東京の上野黒門町に開いた吉田時計店に始まり、1950年7月に腕時計の製造メ-カ-として設立しました。 1950年代後半から積極的に海外市場に向けて腕時計作りをしていたため、中国、東南アジア、中近東、ヨーロッパ、アメリカなど、各地域のニーズに沿った個性的なデザインが多くあります。国内向けの製品も他社とは違った特徴的な時計が多く、中でも100石を使った「オリエント グランプリ 100」や1964年の東京オリンピックを記念して作られた「オリエント グランプリ 64」、40年間の日付・曜の一覧が可能な「万年カレンダー」などが有名です。オリエントは個性的な機械式時計復刻させ数多く製造していますが、当時のデザインのほうがより強烈なインパクトを感じます。

RADO

■ラドーは、1917年にアーネスト、ワーナー、フリッツのシュラップ(Schlup)家3兄弟によって創設されました。当初はムーブメントの製造を中心に事業を展開していましたが、1957年に「RADO」という名で自社ブランドを展開するようになります。そして傷が付きにくく、見た目にも美しいハードメタル素材を採用した『ダイヤスター』を1962年に発売し、世界的ヒットとなりました。また、自動巻時計の12時位置に配したアンカーマークがゆらゆらと動くデザインも特徴的です。他にも日本で初めて発売されたRADOのモデルである『ゴールデンホース』や『グリーンホース』、『パープルホース』のホースシリーズは当時の日本やアジア諸国で大変人気がありました。

ZODIAC

ゾディアックは1882年にスイスのル・ロックルでその前身となるCamele社が創立され、1908年にZodiacと社名を変え自社ムーブの生産を行うようになります。当初はポケットウォッチが中心でしたが、1940年頃からスポーツウォッチの生産を始め、1953年には、ゾディアック社の名前を世界中に広めたフラッグシップモデル、「シーウルフ」を発表。シンプルなデザインながらも、高い防水性と視認性の良い夜光目盛りを付けたこのモデルは、ベゼルやケースデザインを変えた幾つかのバリエーションが作られ、ロングセラーモデルとなります。1970年代には、ミステリーダイアルで人気を博した、「アストログラフィック」を発表します。赤いドットのついた透明な円盤が秒針の役目を果たし、まるで人工衛星のように文字盤をまわります。また長針と短針も宙に浮いているようで、近未来的デザインのモデルです。2002年にフォッシルグループ傘下に入り、現在も様々なモデルが販売されていますが、当時とは全く違ったデザインになっています。

TECHNOS

ギリシャ語の「テクネー」(技術)にちなんで名付けられたてテクノス社は、1900年に時計技術者であったメルヒオール・グンツィンガーがスイスのジュラ山岳地方のウェルシェンロールに時計工房を開設し誕生しました。、かつてはラドー、ウォルサムと並び大変人気のある輸入時計ブランドで、70年代頃までのテクノスはムーブメントもスイス製で、しっかりと造られた製品が数多く販売されていました。

GRUEN

■ドイツ生まれのアメリカ人デイトリッヒ・グリュエンがオハイオ州に時計工房を開いたのがGRUEN(グリュエン)の始まりです。1900年の初め頃から、ムーブメントの製造をスイスで、ケースの製造とケーシングをアメリカで行い完成品にして、主にアメリカで販売されていました。代表的なモデルは1935年に発売された、ケースの形状に合わせてムーブメントも湾曲している「トノーカーベックス」。他にもクロノグラフやアラームウォッチなど60年代頃まで様々なモデルを発売しています。スイスの自社工場を使って積極的に新しい時計機械を開発、他のメーカーに先がけて女性用腕時計も開発していました。31代アメリカ大統領のハーバート・フーバーや、初めて大西洋無着陸横断飛行を成し遂げたアメリカの英雄チャールズ・リンドバーグ第一次世界対戦で活躍したアメリカの軍人らに贈呈していたことなどが、”アメリカの時計メーカー”であることを物語っています。

WALTHAM

■アメリカ・ボストンで、エドワード・ハワード、アーロン・ルフキン・デニスン、デイヴィッド・デイヴィスらが懐中時計の製造会社を始めたのが1850年、それがウォルサムの始まりです。リンカーン大統領も愛用していたと言われるウォルサムの懐中時計は、1876年にフィラデルフィアの万博で金賞を受賞しています。また、19世紀後半は鉄道が普及し、運行システムに必要な時計の需要が増え、高品質な時計を大量生産できたウォルサムが世界各国の鉄道時計として採用されました。1950年代になると、アメリカで製造を行っていたウォルサムは解散してしまいますが、スイスに設立していた子会社がブランドを継承し、その後はスイスで生産されることになります。精度の高いスイスムーブを搭載したビンテージウォルサムは、当時のアメリカを思わせる少し無骨なデザインも、その魅力の一つです。

TIMEX

1854年にアメリカ・コネチカット州ウォーターベリーに「ウォーターベリークロックカンパニー」が誕生しました。その製品は安価で信頼性が高く、労働者階級のアメリカ人にも手の届くものでした。20年間で4000万本を販売したポケットウォッチ「ヤンキー」は、“ドルを有名にした時計”とまで呼ばれした。第一次世界大戦時には軍用時計としても供給しています。1970年代のクオーツショック以降は機械式ムーブメントから脱却し、「Ironman」などスポーツウォッチを展開。激動の時計業界で唯一生き残ったアメリカの時計メーカーです。

ELGIN

■かつてのエルジン社はウォルサムと並ぶアメリカの2大メーカーで、アメリカの巨大市場をこの2社でほぼ独占し、「時計製造のフォード」と呼ばれるほどでした。「エルジン・ナショナル・ウォッチ・カンパニー」の前身は1864年にイリノイ州シカゴ郊外のエルジンで設立された「ナショナル・ウォッチ・カンバニー」で、1874年に社名を変更以降、1960年代初頭まで同じ社名で製造を続けました。第一次世界大戦中はアメリカ軍に時計を供給しており、アメリカ軍初期のミリタリーウォッチには「ELGIN」と記載されたものが多数存在し、信頼度の高さがうかがえます。大量生産されていたエルジンの時計は、高級時計ではないものの、バラエティーに富んだ製品を手頃な価格で購入でき、また数多く出回ったために現在でも修理が可能な場合が多く、100年近く前のアンティーク時計やビンテージ時計を日常で使えるという魅力も生み出しているのです。

BLOVA

■ボヘミヤ(現在のチェコ)で生まれ、アメリカに移民してアメリカに渡ってきたジョセフ・ブローバが自分の名前を冠して1875年に小さな宝石商をはじめ、その後1923年にブローバ・ウォッチ・カンパニーと社名を変更します。ウォルサムやエルジンと違い、時計メーカーとしてのブローバは当初からスイス工場で生産をおこなっていました。1926年から開始されたラジオ放送で時計メーカーとしては世界初のラジオ広告をおこない、早い時期からイメージ広告の重要性を認識しシェアを拡大していきます。第二次対戦時にはアメリカ国内に完成していた工場を国防製品の製造に転換するよう命じられ、数多くの軍用時計も製造しています。様々なモデルの中でも1960年に発表した音叉時計「アキュトン」は時計ファンなら誰でも知っているブローバを代表するモデルです。文字盤側から中の機械が見える“スペースビュー”はアキュトロンの大ヒットに大きく貢献しました。音叉時計は現在では修理が難しく実用品として使える物を入手するのは困難ですが、ブローバにはアキュトロン以外にも個性的なデザインやかわいいデザインの機械式時計が多くありますので、自分に合った一本を探してみてはいかがでしょうか。

WITTNAUER

■1872年、すでに腕の良い時計職人だった16歳のAlbert Wittnauer がスイスからニューヨークへ移住し義兄のスイス時計輸入会社で働き始め1885年にその会社を引き継ぐと、スイス時計の輸入を継続させながらアメリカ人の好みに合ったテイストで、無垢素材使わず価格を抑えた高品質なWittnauerブランドを成長させていきました。Albert Wittnauerの死後、”A Wittnauer Company”は兄弟のEmile Wittnauerによって経営が続けられていきます。第二次大戦にアメリカが参戦した際には軍と連携し、コンパスや実験用タイマー、航空機時計の作成などを担っていました。1930~40年代頃にLongines-Wittnauer Watch Co. Incという単一の会社でアメリカに時計を輸入し、1950年代には両社で類似した製品を販売いしていたことからロンジンの北米向けのブランドと間違われることが多いですがロンジンとは別の会社で、2001年にはBULOVAに買収されてしまします。