<1801-2055>LONGINES

    • 手巻 / Cal: 12.68 ZS / 振動数:18000 / 精度: ±30s/day
    • Ser/Ref : 462 / 8135-7
    • ケース:36mm
    • バンド:18mm ブラウン・カーフ(HIRSCH/Ascot)
    • 製造年:1950~60年代
    • 状態:〇・・・文字盤に多少汚れあり。
    • ビンテージウォッチらしい風合いを楽しめる1950~60年代頃の”LONGINES(ロンジン)”です。アンティーク・ビンテージウォッチの愛好者にファンの多いオールドロンジン。当時は優良な自社ムーブメントを数々製造してきた技術力の高い時計メーカーとして認知されており、特に肉厚なパーツによる耐久性能は修理技術者に高い評価得ています。この時計に搭載されている手巻き式センターセコンドタイプCal.12.68ZSも、長年使用していくことを考えられたロンジンの心意気が伝わるムーブメントです。外装デザインもとてもシンプルにデザインされ、まさに質実剛健さが表現されたような腕時計です。年代の古い物だからこそ味となる文字盤の焼け、60年代頃までに多く使用されていたアルファ針やインデックスとのバランスが程良くビンテージウオッチの風合いを感じさせてくれています。特徴的なステッチとマーブル模様の入ったHIRSCH社製・Ascotのブラウンのベルトを合わせると、英国紳士が着けてる姿が思い浮かんでくるようなお洒落な組み合わせで楽しめます。(F)
    • 80,000円(税別)【ネットで購入】