<1705-1872>SEIKO KS

  • 手巻 / Cal:4502A / 振動数:36000 / 精度: ±30s/day
  • Ser/Ref : 970060 / 4502-8000
  • ケース:37.5mm
  • バンド:19mm ブラウン・カーフ (HIRSCH/Lo’clock別注Ascot)
  • 製造年:1969年
  • 状態:〇
  • 第二精工舎亀戸工場で設計・製造された、1969年製造の”SEIKO KS(セイコー・キングセイコー)”です。搭載されているムーブメントは”45系”と呼ばれる10振動の手巻式です。毎時36000振動のハイビートは非常に高い精度を誇り、クロノメーター仕様のキングセイコーや上位モデルのグランドセイコーにも使われていることからもセイコーを代表する高精度ムーブメントだったと言えるでしょう。いくつかのバリエーションが存在する「45KS」の中でも太く張り出したケースラインと一体になったラグ部が特徴的なタイプで、ケース上面は美しくポリッシュに仕上げ、サイドはヘアラインに仕上げるなど、個性的なスタイルでも高級感を損なわないデザインになっています。精悍な印象を与えるグレー色の文字盤もオーソドックスなビンテージウォッチとは一味違った雰囲気が楽しめます。ベルトは既成モデルには無いHIRISCH社製・Ascotのブラウン色、L o’clock別注カラーを取り付けました。独特な雰囲気に合わせても落ち着きと上品さを添えるAscotはどんな時計でも幅広いシーンで使える「カジュアルビンテージウオッチ」へと仕立ててくれます。
  • 79,000円(税別) 【ネットで購入】